声をかけて、意志を確かめて、駅のホームや階段などで、確認してから、お手伝い。決して、だまって離れない

目の不自由な方をはじめとする障害のある方が、
駅ホームから転落する事故が各地で起きています。
静岡県では、これらの事故を未然に防止するため、
駅ホームや路上などで障害のある方に対する
声かけを行う際のコツやタイミングを習得した
「声かけサポーター」を養成しています。
誰もが安心して暮らせるまちをめざして、
またおもてなしの心得としても役立つ
「声かけスキル」を、
あなたも身につけてみませんか?

声かけサポーター養成講座

目の不自由な方や車いす利用の方への、路上や駅ホームでの「声かけ」サポートのコツ、タイミングなどが習得できます。

対象:
静岡県内在住の高校生以上のどなたでも
定員:
各回25名 ※定員になり次第締切り
内容:
○講師による講義
「声かけハンドブック」をもとに、「声かけ」の必要性やコツを学びます。
○当事者による講義
白杖利用者や車いす利用者を講師に、日常生活の困難な点や、移動やサポートのニーズを学びます。
○実技(ケース・スタディ)
駅のホームで、実際の場面を想定しながら「声かけ」とサポートの基本を学びます。
日程:
講座内容はすべて同様です。
いずれか1回の受講で、声かけサポーターの認定が受けられます。
第1回
2020年1月22日(水) 10:00~12:00
会場:伊豆箱根鉄道 本社 中会議室 および 伊豆箱根鉄道 大場駅

第2回※定員に達したため、申し込みを締め切りました
2020年1月24日(金) 10:00~12:00
会場:静岡県教育会館 C会議室 および 静岡鉄道 新静岡駅


第3回※定員に達したため、申し込みを締め切りました
2020年1月25日(土) 10:00~12:00
会場:遠鉄百貨店 新館13階会議室⑥ および 遠州鉄道 新浜松駅
受講者の声:
「声を掛けたくてもかけ方が分からなかったので、この講座に参加できてよかった」
「困っている人に声をかける自信がもてた」
「当事者の方の目線も体験でき、大変な点がよく分かった。これから積極的に手引きしていきたい」
「相手に聞くことの重要性を理解することができた。勇気をもって声をかけてみようと思える内容でした」
「鉄道を楽しむ機会が多いので、その際には積極的に声掛けしたい」


☆受講された方には、修了証「オリジナル缶バッジ」と参加記念品を差し上げます。

申込方法

申込フォームから、必要事項を明記してお申し込みください。受付後、受講票をお送りします。
応募締切:2020年1月15日(水) 
※定員になり次第、締切りとさせていただきます。
※ご提供いただいた個人情報は、受講票の送付など本講習に関する連絡にのみ使用します。


お問い合わせ
株式会社SBSプロモーション 静岡営業部内 声かけサポーター養成講座事務局
〒422-8061 静岡市駿河区森下町1-35 
TEL.090-7914-1513 FAX.054-280-0215
E-mail: kensyu@sbs-promotion.co.jp
(月~金/9:00~17:00)

声かけサポートハンドプックダウンロード

声かけサポートの方法等が動画でわかります。ぜひごらんください。(7:42分)

ページトップへ戻る